CELL BODYJEWELRYではお客様に永くご愛用いただけるボディ・ジュエリーをお届けするためにデザイン性だけでなく、
安心して身に着けていただけるように素材と品質、機能性を兼ね備えたボディ・ジュエリーを取り揃えております。
初めてのピアッシングから既に完成されたピアッシングホールへのコーディネートまで、
ジュエリー・コーディネーターのライセンスを持つアドバイザーがお客様お一人お一人のご希望に合わせてご提案させていただきます。

ジュエリーの素材について

Stainless /ステンレス 316LVM (ASTM保証 F-138)

ステンレス/316LVMは、金属アレルギーの原因となるニッケル含有量が極めて低く、耐腐食性の高い素材です。
製造過程で大気中に於ける素材への不純物の混入や品質劣化を防ぐよう [真空溶解]
した [低炭素] のステンレス・スティールでASTM(米国材料試験協会)が定める[F-138]という規格に保証されています。
これはステンレス・スティールの中でも[生体移植レベル/インプラント・グレード]である事を示すもので、
最もグレードが高く安全性を高く認められた品質です。

Titanium/チタンニウム  6AL4V-ELI (ASTM保証 F-136)

チタンニウム/6AL4Vは、耐アレルギー性に優れた非常に「丈夫で軽い」素材です。
陽極酸化という電気的な処理によりその表面の酸化膜を形成してチタン独特の発色を出すことができ、
形成する酸化膜の厚さをコントロールすることにより様々な発色を実現することができます。
また、治療段階に於ける皮膚細胞形成上での有効性も他の素材より優れており、近年医療現場では生体移植に使用されています。
こうした生体移植現場でも活躍する[6AL4V-ELI]というグレードは、ASTM(米国材料試験協会)が定める規格[F-136]をクリアし、
[生体移植レベル/インプラント・グレード]としての安全性を高く認められた確かな品質です。

Gold/ゴールド

純粋なゴールドは空気中や水中では永遠に変化することなく、錆びることもありません。
しかしとても軟らかいため、ジュエリーとして使用する場合は、銀・銅などの金属(割金)を加えて硬度を高くします。
単位は純金の含有量を表すK(カラット)が使われ、24分率で表します。
K24は純金、K18は24分の18(75%)が純金で残り25%が割金になります。
この割合の内容を変えることによって、イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドなどの
カラーバリエーションが生まれることもゴールドの大きな特徴です。

Glass/ガラス

パイレックス (PYREX) と呼ばれている耐熱ガラスの代表的な材質です。
オートクレーブによる滅菌処理が可能なのでピアッシング時にも安全に使用する事が出来ます。
透明感のある模様の美しさが最大の特徴でそれはまさに宝石のようです。
通常のガラスと比較して軽量で硬度も高いので様々なジュエリー素材として用いられています。

Organic/オーガニック

太古の時代から身体を装飾するための材質として用いられていた天然素材です。
牙・角・羽・貝・木・石などが持つ自然ならではの美しい造形を活かし、ハンドメイドで一つ一つ丹念にデザインされるため
世界に二つとないのが大きな魅力です。


ジュエリーのサイズについて


ボディピアスのシャフト部分の太さを表す単位を「ゲージ(Ga.)」といいます。
その単位数は小さくなるほど太くなり、大きくなるほど細くなります。
00ゲージ以上は、1/2"などインチ表記で示されます。
ジュエリーのミリメートルとの対応表は下にある表の通りです。
※同じゲージサイズでも、生産メーカーによって多少の違いがありますのでご注意ください。





リング系のジュエリーは円形内部の直径を用い、バーベル系のジュエリーであればボールの内側の長さを用います。